OKB48選抜総選挙

 チームM(三菱鉛筆)

  • 1 三菱鉛筆
    ジェットストリーム スタンダード
    (油性・150円+税/第1回:1位・第2回:1位・第3回:1位・第4回:1位・第5回:1位・第6回:1位・第7回:1位)
    なめらかで軽い。これが“王者”の書き味だ!
    第1回からずっと優勝し続けている絶対王者。2006年に発売された途端、日本のボールペン界に低粘度インク戦争を巻き起こした。軽くなめらかな書き味は今なお最高峰。7連覇なるか!?
  • 2 三菱鉛筆
    ジェットストリーム プライム 回転繰り出し式シングル
    (油性・3000円+税/★新メンバー)
    ジェットストリーム高級版の真打ちはこれ!
    胴体をひねってペン先を出す高級タイプのジェットストリーム。替え芯にいわゆる「パーカータイプ」と呼ばれる国際標準規格を採用している。目指すは世界制覇か!?
  • 3 三菱鉛筆
    ユニボール シグノ
    (ゲル・150円+税/第1回:4位・第2回:2位・第3回:2位・第4回:6位・第5回:7位・第6回:11位・第7回:7位)
    硬めのペン先好きならマストの1本!
    ゲルインクボールペンの傑作。ガタツキのない堅牢なペン先にはどのペンにもない安定感がある。ブルーブラックを筆頭に、ダーク系のカラーバリエーションが充実しているのも嬉しい。
  • 4 三菱鉛筆
    ユニボール シグノ RT1
    (ゲル・150円+税/第1~2回:加入前・第3回:5位・第4回:13位・第5回:10位・第6回:15位・第7回:13位)
    キッチリ書きにも走り書きにもOK!
    ペン先と紙の摩擦抵抗を減らすエッジレスチップ搭載。走り書きにもカチッとした清書にも“神対応”。なめらかさを増した新配合のインクは発色もいい。2013年発売。
  • 5 三菱鉛筆
    ユニボール アイ
    (水性・150円+税/第1回:46位・第2回:圏外・第3回:圏外・第4回:圏外・第5回:28位・第6回:32位・第7回:39位)
    水性ボールペンの大定番と言えばコレ
    三菱で水性ボールペンと言えばこれ。直液式のインクはサラサラで書き出しもカスレ知らず。インクの残量が透明窓から見えるのもいい。
  • 6 三菱鉛筆
    パワータンク スタンダード
    (油性・200円+税/第1回:14位・第2回:22位・第3回:33位・第4回:22位・第5回:26位・第6回:40位・第7回:31位)
    逆さまでも書ける頼れる一本!
    圧縮ガスでインクを押し出す「加圧式ボールペン」と呼ばれるジャンル。普通のボールペンでは出来ない「逆さま筆記」やカラーコピーへの書き込みもOK。アウトドアではマストの一本。
  • 7 三菱鉛筆
    NO.460 証券細字用
    (油性・80円+税/第1回:31位・第2回:18位・第3回:36位・第4回:41位・第5回:32位・第6回:36位・第7回:36位)
    レトロなオレンジと細身ボディがキュート
    側面に刻印された「証券細字用」の漢字と細身の胴軸。小さなノックボタンとオレンジ×黒のツートンカラー。どこをとってもレトロでカワイイ!
  • 8 三菱鉛筆
    ユニボール シグノ 307
    (ゲル・200円+税/第1~5回:加入前・第6回:22位・第7回:14位)
    カスレ知らずで速書き対応のゲルインク
    極小に裁断したパルプを混ぜた新素材「セルロースナノファイバー」を使用。インクの粘度を適正にコントロールにすることで、かすれやインク溜まりを軽減した。
  • 9 三菱鉛筆
    ユニボール エア
    (水性・200円+税/第1~5回:加入前・第6回:12位・第7回:17位)
    太字でヌルヌル書きたい人は試してみて!
    ペン先を立てたり、寝かせたり、また筆圧の強弱で線に変化が付けられる。トメ・ハネ・ハライも表現可能!
  • 10 三菱鉛筆
    ユニボール R:E(アールイー)
    (ゲル・180円+税/第1~6回:加入前・第7回:48位)
    “消せるボールペン”にライバル登場!
    三菱鉛筆が送り出した「消せるボールペン」。普通のボールペンのように書いたあと、ノック部分のパーツでこすれば線を消せる。「フリクション」のライバルなるか!?


Page Top